おラオス!

ただいまラオス🇱🇦のコーヒー生産協同組合にインターン中! コーヒー生産地の"今"をお届けします

おラオス!

【コーヒー】欠陥豆の種類と特徴をまとめてみた。

 

f:id:iietzsche:20171212161001p:plain

 

どもっす!

もはやホームステイ先のカフェ店員となりつつある、いーちぇです。

 

 

前回の記事で、生産地でのカッピングがコーヒーの品質向上につながる、という話をしました。

 

 それがこちら! ↓

www.iietzsche.com

 

 

カッピングをすることによって、コーヒーにどのような欠陥豆がまぎれているのかを知ることができます。

 

でも、コーヒーの欠陥豆って一体どんな味がするのでしょうか。

 

ということで、今回は欠陥豆の種類ごとの特徴をまとめてみました!

 

 

 

① Black beans

 

見た目の特徴:黒っぽい。

f:id:iietzsche:20171212154947j:plain

 

欠陥理由:熟しすぎ。

風味の特徴:酸味が強すぎる。

 

正常なコーヒー豆と比べて、大きく形が異なることが多いので、見つけやすいですね! 

 

 

② Sour beans

 

見た目の特徴:黄色や茶色っぽい。

f:id:iietzsche:20171212155002j:plain

 

欠陥理由:加工に汚い水を使用したり、発酵のしすぎ。

風味の特徴:酸味が強すぎる。納豆みたいな匂いがする。

 

こちらは、色が大きく変化。

一部だけ変色してることもあり、見つけにくいことがあります。 

 

 

③ Insect damaged beans

 

見た目の特徴:小さな穴が空いている。

f:id:iietzsche:20171212155057j:plain

 

欠陥理由:ベリーボアラーなどの虫に食べられてしまう。

風味の特徴:プラスチック を焼いたみたいな匂いがする。

 

穴が小さく、豆の反対側からは見つけられないので、取り除くことが困難です。

 

 

④ Immature beans

 

見た目の特徴:正常なコーヒーと違う奇形をしている。

f:id:iietzsche:20171212154930j:plain

 

欠陥理由:未熟なコーヒーを収穫したり、コーヒーが十分な栄養を得られなかったことによる。

風味の特徴:味がしない。

 

コーヒーの表面に溝があったり、細長く変形することが多いそう。

 

 

⑤ Broken beans

 

見た目の特徴:欠けている部分がある。

f:id:iietzsche:20171212155014j:plain 

 

欠陥理由:果肉除去機により、豆の一部が欠けてしまう。

風味の特徴:欠けた部分より、加工時の水が侵入してしまい、酸味が強くなりすぎる。

 

焙煎後のコーヒーにもまぎれていても、判別することができるので、消費者自身で取り除くことも可能です。 

 

 

おまけ:欠陥の合体技

 

これらの欠陥が一つの豆に同時に表れることもあります。

  

f:id:iietzsche:20171212155027j:plain

例えば、これは ② Sour beans③ Insect damaged beans が組み合わさったもの。

色の変色と虫食いの穴が見られます。

 

 

f:id:iietzsche:20171212155044j:plain

これは、 ④ Immature beans⑤ Broken beans が組み合わさったもの。

どうやら未熟な豆は欠けやすくもあるそうです。

 

 

まとめ

 

コーヒーの生産者さんは、これらの欠陥豆を除去する努力をしていますが、それでもぼくたちの手元まで届いてしまうことがあります。

 

しかし、そんな時でも欠陥豆の特徴について把握していれば、コーヒーを淹れる前に自分で取り除くことができます。

特に、 ③ Insect damaged beans 、 ④ Immature beans や ⑤ Broken beans などは、自分でも簡単に見つけられそうですよね。

 

 

おそらく欠陥豆の種類はこれだけでなく、他にも様々なものがあると思います。

ぼくも見つけ次第、この記事に追加していきたいと思います。

 

 

この記事がみなさんのコーヒー生活を充実させられることを祈ってます!

それではまた!